MovableTypeでブログを書こう!

MovableTypeのインストール方法

-- INDEX -------------------------------------
1. サーバーを準備
2. MovableTypeをダウンロード
3. MovableTypeをサーバーにアップロード
4. MovableTypeのセットアップ(初期設定)
----------------------------------------------

1. サーバーを準備

以下の基準を満たすサーバーであることを確かめてください。

[ Perl CGI関連 ]

Perl(CGI)スクリプトを実行できること。(バージョンは5.6.1以上)
次のPerlモジュールが全て利用可能なこと。
- HTML::Template(ver2.0以上)
- Image::Size、
- File::Spec(Ver0.8以上)
- CGI::Cookie

[ データベース関連 ]

次のいずれかのデータベースが利用できること
- MySQL4.0以降
- PostageSQL 8以降
- SQLite
以下のデータベースモジュールのいずれか1つが利用可能
- DBI(ver2.0以上)
- DBD::mysql
- DBD::Pg
- DBD::SQLite
- DBD::SQLite2

[ サーバーソフト関連 ]

次のいずれかのサーバーソフト
- Apache
- Microsoft llS

[ その他 ]

必要ディスク容量 25MB以上
FTPクライアント又は、シェルアカウント(telnet、ssh)
ブラウザ:MozillaFirefox(1.5以降)、IE6.0以降、Safari 2以降いずれも最新版を推奨

2. MovableTypeをダウンロード

商用・企業サイトの場合は「オンライン購入」をクリックし、まずはMovable Type 5 基 本ライセンスを購入下さい。個人で非商用利用の場合は無料となりますので、「個人ライ センス(無償)」をクリックします。

https://www.ecbuyers.com/sixapart/catalog/campaign_products.php?campaign_id=3
から自分に必要なバージョンのMovableTypeをダウンロードします。

「MT-5_xx-ja.zip」または「MT-4_xx-ja.zip」というアイコンが作成されるので、
右クリック→「展開」をクリックします。

3. MovableTypeをサーバーにアップロード

展開されたファイルをFTPクライアントソフトを利用し、サーバーにアップロードします。
一般的なFTPクライアント設定として、以下のように設定して下さい。

・ホストの設定名:解りやすい名前で結構です
・ホスト名(アドレス):FTPホスト
・ユーザ名:FTPユーザー
・パスワード/パスフレーズ:FTPパスワード
・ローカルの初期フォルダ:デスクトップに保存したMT-5_xx-jaフォルダを指定するか、
 空白でも結構です。
・ホストの初期フォルダ:空白で結構です。

またサーバーによって拡張機能から、「PASVモード」にチェックマークを入れて、接続を行う場合があります。

一般的なFTPクライアントは左側がローカル:パソコン内で、右側がロリポップのサーバー 内を表示しています。

左側の画面で「MT-5.xx-ja」をクリックして選択し、「↑」(アップロード)などのボタン をクリックします。サーバーへムーバブルタイプのアップロードが始まります。

アップロードの終了後、xxx.cgiというファイル全ての権限を755に設定します。 FTPクライアントから、サーバー側(右画面)の「MT-5.xx-ja」フォルダをダブルクリックし フォルダ内のファイルを表示します。ファイル名が「mt」で始まる(=「.cgi」で終わる) ファイルを全て選択します。右クリックし、「属性変更」をクリックします。 644の部分を755に変更します。

4. MovableTypeのセットアップ(初期設定)

Movable Type のインストールウィザード

(1) http://admin.サイト名/ にアクセスします。(サブドメイン設定により サイト名/admin/index.htmlでアクセス)
(2) 言語選択の画面になるので、「日本語」を選び、サインインボタンを押します。
(3) Static web path 欄にmt-staticディレクトリのパスを入力します。ルート直下に配置しているので、相対パスで「/mt-static」とします。Static file path 欄は、合っているのでそのまま。開始ボタンを押します。
(4) システムチェック。「必要なPerlモジュールは揃っています。」と出るので、次へボタンをクリックします。
(5) データベース設定。MySQLを選び、MySQLの設定を入力する。「接続テスト」ボタンを押すとデータベースの設定を完了しました。とでるので「次へ」ボタンをクリックします。
(6) メールの設定。ここではSendmailを選ぶ。sendmailのパスを設定。テストメールが送られるメールアドレスに自分のメールアドレスを、送信元メールアドレスに適当なメールアドレスを入力し、テストメールを送信ボタンを押す。設定した自分のメールアドレスにメールが届いてるかチェックします。。届いてたらオッケーなので、次へボタンを押します。
(7) mt-config.cgiが作成される。次へボタンをクリックします。
(8) アカウントの作成。ユーザー名、メールやログインパスワードを設定し次へボタンをクリックします。
(9) 最初のウェブサイトの設定。ウェブサイトURLは、ルートで公開するなら「http://ドメイン名/」と入力し、公開パスもサイトルートに設定します。その後、テーマを選びます。
(10) データベースの初期化が始まる。完了後、MovableTypeにサインインボタンをクリックします。

これでインストール作業は終了です。

PRサイト

在宅で副業しませんか?
在宅ワーク(副業・内職)支援サービス!
http://www.craudia.com/
ポイントで稼ぐならi2iPoint
空いた時間に簡単お小遣い稼ぎ!業界最高水準の還元率!
http://point.i2i.jp/
電力自由化のことならエネチョイス
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。
http://enechoice.jp/
管理人のブログ
これからはJAVAですよ
最近Androidアプリを遊びで作ってみようと思ってGAMEとかを研究しているのですが、 とりあえず、その前に環境を整える必要があるそうですね。 Androidの開発環境 JDK(Java Devel…続きを読む
人身売買が行われている日本
久しぶりにブログを更新することにしました。 なんだか、最近いやなニュースばかり増えている感じがしますよね。 韓国メディアは、「アルバイトを探していた韓国人留学生、結局は売春まで」「日本の人身売買の最多…続きを読む
MTの強み
以前ブログを書いてから長い時間が経過してしまいました。 こりもせずまた始めてみたいと思います。 MovableTypeを皆さんはつかっていますか? 私はいまだに愛用しています。 WordPressもあ…続きを読む